春祭「ローエングリン」終演

2018.04.09 Monday

0

    東京・春・音楽祭「ローエングリン」、2日間の本番が無事に終演しました。

     

    ブラバントの貴族、出番は全体から見ればほんの少しですが、物語と音楽の流れを崩さぬよう、コーチでコレペティのラウスマン氏に、徹底的なドイツ語やリズムの指導と修正を受け、3名の先輩方と共に歌わせていただきました。

     

    ドイツ・オペラの重鎮、ウルフ・シルマー氏の指揮のもと、N響やシンガーズの皆さんの素晴らしい音楽と合唱により、ワーグナーの世界がホール全体に広がり、フォークト氏を始め、各ソリストがそれぞれの個性を如何なく発揮して、最高の「ローエングリン」演奏となりました。

     

    たくさんの勉強をさせていただきました。

    このようなプロダクションに参加することができ、とても光栄でした。

     

    今後もより一層、精進して参ります。

     

    関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。

     

    睛英次郎

     

     

    画像に含まれている可能性があるもの:5人、、スマイル、立ってる(複数の人)

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL